孫にひかれて東寺参り

四月十二日いい日曜日だった。
今森光彦さんの切り絵展の案内が来たので孫(間もなく11歳男5年生)に手紙を出して誘ってみた。
今はサッカーに熱中で、週のうち3日は地元の小さな小さなチームに入ってボールを蹴っている。学年が上がって5・6年の新チームになった。背番号を自分で選ぶことになって”10”を選んだ。エースナンバーをつけたい気持ちと責任の重さのプレッシャーで気持ちの葛藤があったようだ。
 さて、日曜日10時過ぎの南海高野線で難波まで、地下鉄御堂筋線で新大阪、新幹線で京都まで、JR京都駅内の伊勢丹美術館「えき」KYOTOが会場である。
今森さんとの出会いは、長く保育の仕事をしていた本好きの妻(昨秋逝去)と、孫が3歳のころに滋賀県高島市でのフィールドワークに参加した時であった。孫には3歳の時の記憶が残っていたのであろう喜んで同行に応じてくれた。
 里山ジャンボ参加証到着早々作品を鑑て3時のトークショーまで食事をしたり屋上から京都の町の展望を楽しんだ。社会人になった昭和31年(1956年)から2年間京都に勤務 していた。私には京都の町は懐かしい。ビルの高さが競われるように林立する東京や大阪に比べると落ち着いた街並みである。南を望むと唯一京セラの高いビル が目立っている。目を南西にやると東寺の五重の塔が印象的に目に入ってくる。孫はカメラに収めようとしているのだが安全のために建てられた高いガラス塀越 しには反射で上手く撮れない。トークショーの後で東寺に行くことにした。丁度明日が誕生日になる母親と1週間後に誕生日を迎える父親のためにと切り絵(コ ピー)とカードを自分が選んで求めていた。

 

 午後4時半の東寺の境内は意外や静かであった。瓢箪池、五重の塔(総高55m)、金堂、講堂、を巡って仏像を拝観して思わぬご利益を得た気持ちだ。
東寺五重の塔は弘法大師の創建着手によりはじまりますが雷火などにより4回消失しています。現在の塔は正保元年(1644年)に竣工した現存する日本古塔中最も高い塔です

                       
帰りの足は近鉄特急にした。西大寺経由で3府県を跨いだ大旅行?である。電車が南行する京都の南東部、木津川辺りは菜の花の土手や堤には名残の桜花も眺められた。「まだこんな処があるんやなー」と大人びた口調で孫は呟いていた。西大寺で乗り換えるころには夕闇が迫り、学園前、生駒。トンネルを抜けると夜の大阪に入った。「夕食はどうしよう?」と尋ねると「家で一緒にしよう。」と答えた。旅の終わりは誰しも帰り着く暖かい家が恋しくなるのだろうか。
最近の孫との合言葉は「文武両道」である。多様な体験で多くのことを感じて欲しい。今森さんの言葉から「フィールドワークは知識の勉強でなく、感覚の体験学習だ。」と言うような意味を受け取った。いい一日であった。



 

9月1日「防災の日」

8月も最終日になった。今年の夏の印象を聞かれれば「異常気象」ということになるのでしょうか。
過去の災害が報じられるとき西暦年と和暦で表現される。1934年=昭和8年「室戸台風」1923年=大正11年「関東大震災」第二室戸台風、ジェーン台風、「天変地異ニ絶えず脅かされなければならない運命のもとに置かれていることを一日も忘れてはならない」寺田寅彦は随筆に書いている。気象庁は「平成26年8月豪雨」と命名

BMIのこと

昨日びわ湖毎日マラソンがあった。エチオピアのバズ・ウォルクさんが優勝した。テレビで観戦したが痩身のランナーの肢体が印象的だった。今朝の毎日新聞を見て無駄のない体躯の持ち主であるのに驚いた。健康に関心のある人はご存じだろうがBMI:体脂肪指標(体重を身長の2乗割った数値)の標準値(健康と言われている数値)は18.5〜25である。
ウォルクさんはBMI16である。
がん治療中の妻は12.8で頑張っている。因みに私は20.4。痩せすぎでも走る機能には適しているようだ。IBM余り気にしないでもよさそうだ。


毎日新聞より

PM2.5

今週25日カミさんの治療の付き添に久留米大学の医療センターまで出かけた。道中の新幹線はちょっとした旅行気分だ。3時間ほどの間車窓の風景を何となく眺めている。帰途姫路駅で停車中に修復工事中の姫路城の囲いが見えた。今日はMP2.5の影響で霞んで見える。車掌が折角案内してくれた明石大橋は霞んで見えなかった。春霞といえば風流だが公害だと恐ろしい。



帰って26日は一中日雨だった。翌27日天気になり雨上がり地元の山は美しかった。
「ふるさとの山はありがたきかな」

雪に思うこと

2月はじめから大雪に見舞われた関東甲信地方の雪害は21日現在も影響が残っている。想定外の自然の力に抗しきれない文明社会を考えさせら れた。当方では雪を美しく清らかなものと捉えていたからブログにアップするのを躊躇っていた。同じ現象の列島の中で所によって感じ方が違う。これが文化な のか?グローバル?ローカル?知ること?感じること?・・・・我が家の雪景色を・・・・


我が家の夫婦柘榴(2月3日アップ)も長い雪帽子

        

アネモネも雪を撥ね退けて

 

冬景色

我が家は大阪府の最南東に位置します。。河内音頭に出てくる金剛山に近いところです。
〽大和と河内の国境い〜〜〜中にひときわ悠然と〜〜ヨーホイホイ エンヤコラセ ドッコイセ聳えて發金剛山よ・・・〽
今日は雪をかぶって聳えている金剛山、北に連なる大和葛城山、南につながる岩湧山が屏風のように囲んでいます。
岩湧山の頂上は天然の茅畑で今は冬枯れで褐色ですが春には緑が萌えてきます。目を凝らせば居ながらにして四季を楽しめます。四季の装いと自然の移り変わり。なんと素晴らしい日本。

葛城山、金剛山

金剛山雪をかぶった頂上

岩湧山頂上の茅畑

寄付のお礼が来た

昨年8月アメリカのMaine州へ行った。友人の案内でホームレスシェルターを訪問した。廃局になった古い郵便局を借りてホームレスのために施設を運営している団体である。少しばかり寄付をさせていただいた。代表のシスター・ ルシールからお礼と写真が届いた。篤い心の人である。


2月の寒波

2月6日寒波が訪れた。1時ごろの気温が紀見峠でマイナス1度を示している。
週に二日和歌山県橋本市まで出かけている。
我が家は大阪府の最南東の市だから20キロも南に行けば県境を超える。
トンネルを抜けると南国は明るい・・・




 

夫婦柘榴

暮れに庭木の剪定をしてもらった。「柘榴の実を残して置いて。」植木屋さんに頼んでおいた。
仲良くぶら下がった姿は自分たちのようだ。家を建てたとき、義母が滝谷のお不動さんの縁日で苗木を買ってきて植えてくれたものだ。丁度50年前のことである。幹回り50造砲發覆辰深は夏は涼しい木蔭を、秋には黄葉を楽しませてくれる。今は父も母も黄泉の人となった。「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」

侘び助(ワビスケ)

今年は侘助が花を沢山つけた。侘助はは亡くなった義父が好きだった。
この花が咲くと父を思い出す。